カラーコンタクトの注意点

qqd5n5qg.pngカラーコンタクトレンズは、装着するだけで、簡単に瞳の印象を変えることができるのが魅力です。
ブルー系のカラーレンズを使えば、ハープぽい雰囲気になることができてしまいます。
また、ブラウンやブラック系のカラーレンズを使えば、黒目を強調することができるので、目が大きくなったような印象を与えることができます。
このように非常に魅力のあるカラーコンタクトレンズですが、使用する際にはいくつかの注意点があります。
レンズは目に装着するものなので、きちんと注意事項を守らないと、最悪失明などの事故につながってしまうことがあるからです。
注意点その1は、必ず眼科医の診察を受けることです。
特に、度アリタイプのレンズを使用される方は、自分の目にあっているかどうか医師の判断を仰いだ方が安心です。
販売店の中には、医師の処方箋なしでコンタクトレンズを購入できるところもあります。
そのような所で買った場合でも、一度眼科医に相談してから装着するようにしてください。
注意点その2は、装着時間を守ることです。
レンズを長時間つけっぱなしにしていると、目に大きな負担を与えてしまいます。
目の健康を守るためにも、付け過ぎには注意するようにしてください。
注意点その3は、信頼できるお店で購入することです。
インターネットでもカラーコンタクトレンズを販売しているショップがたくさんありますが、中にはニセモノを売っているところもあったりします。
目の安全のためにも、正規品を取り扱っているショップを選ぶようにしてください。

このブログ記事について

このページは、Ginwaが2017年2月20日 11:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「多毛症は男性ホルモンが関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7